桜台在住の管理人が練馬・桜台・江古田周辺のお店やイベントを勝手に応援しています
練馬・桜台情報局MAP frickr フェイスブック ツイッター RSS お問い合わせ

練馬・桜台情報局

シェフのおまかせランチ@シェ・キリー(江古田)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 洋食・パスタ »  

江古田のCHEZ.KIRI(シェ・キリー)で、初ランチ。

外観
シェキリー(江古田)

1975年10月21日オープン。武蔵野音大近く。スワタントラの隣。

店名KIRI(キリー)の由来は、オーナーシェフが桐山さんで、フランス修行&勤務時代に、先輩や同僚から「キリー」と呼ばれていたから。

約2年間の建替工事を終え、2017年4月から武蔵野音大が江古田に戻ってきます。

おかえりなさい!武蔵野音楽大学。

武蔵野音大関係者も多く通う、老舗フレンチ店シェ・キリーへ。

チラシ
シェキリー(江古田)

取材時にいらした、他のお客様の話。

30年数年前に卒業したという女性おひとり様。新校舎が完成したと聞いて、30年ぶりに江古田に来てみた。駅舎も街もすっかり変わってしまって、違う駅で間違えて降りたのかと思った。私が学生時代を過ごした江古田が見つからなくて、本当に寂しく感じたけれど、先生によく連れてきてもらったフレンチ店を思い出して来店。ここだけは何も変わっていなくて、安心した。懐かしい(涙目)。

武蔵野音大出身の奥様と、ご主人・娘さん3名で予約して来店。30年以上前、学生時代にデートした店。中央線に引越して、片道1時間以上かかるけれど、「学生時代の思い出の店」として、娘さんを連れて、今でも来店。とっくに成人した娘さんにとっては、生まれてから何度も両親に連れられて来ている「家族の思い出の店」。

武蔵野音大生&卒業生&先生方に愛され続けて、42年間。

雰囲気も料理も昔のまま。懐かしい思い出がよみがえる!

変わったのは、店主ご夫妻の年齢だけ。

〇十年前の卒業生の皆さん、シェ・キリーは健在です。

母校の新校舎に来た際には、学生時代の思い出の店にも寄ってみて下さいね。

メニュー
シェキリー(江古田)

この日は、シェフのおまかせランチを注文。

天然鯛のマリネ
シェキリー(江古田)

天然鯛のマリネ
シェキリー(江古田)

カブのポタージュ
シェキリー(江古田)

パン
シェキリー(江古田)

牛タンのブレゼー赤ポルト酒煮
シェキリー(江古田)

牛タンのブレゼー赤ポルト酒煮
シェキリー(江古田)

デザート・コーヒー付き
シェキリー(江古田)

江古田にまだ洋食屋さん自体がほとんど無かった頃から続く、老舗&正統派フランス料理店。

とは言え、店主ご夫妻が気さくで話好きなので、肩肘はらず、お気軽に。

江古田で、”本物の”フランス料理が食べたいのなら、この店へ。

場所はこのへん

練馬区羽沢1-11-4

シェキリーの詳細情報

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

Tags: ,
sakuradai_infoをフォローしましょう



« »

コメント


*PCを引越して少し慣れてきました。季節の移りが風に
感じますね、季節の料理もかわりました。
*小粒ですが、モンサンミッシェル「世界遺産」海の産物
      ミネラルたっぷり、「海のミルク貝」
*ハーブを食べて育った、体にやさしい、スペインの境、
      ラングドック地方の高原より希少な赤身。
*「香り牛べりー風味」等、用意致しております他色々
        お待ちしております。

2017/09/03 10:35 | シェ キリー


Petite Hospitalite
*秋のおもてなし42回サービス期間中、
     セットコースで
「デカンターワイン、選べる前菜、海の幸ビスキュイ、ジビエ料理、か 肉の煮込み、デザート、コーヒー」で・・・
           
お楽しみいただけます。各位様、どうぞ!
⁂忘年会もどうぞよろしくお願いいたします。

2017/11/07 13:18 | シェ キリー


*毎年喜ばれております。お正月用、お肉類の折箱、     予約受付中です。(締切日17日)
ローストビーフ、ローストポーク、小鴨のスモーク、
自家製クルミ入りパテ、他色々、野菜マリネーなどの詰め合わせです、「31日仕上げ」午後3~4時に店頭にてお渡しします。(量は充分)例年同様サービス価格¥20000円(税込)ぜひご賞味ください。お待ちいたしております。

 *クリスマスディナー(フールコース)予約制
  23日,24日 夜、6時30分に始めます。 
 

2017/12/02 11:40 | シェ キリー

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://s-nerima.jp/wp/103975/trackback