桜台在住の管理人が練馬・桜台・江古田周辺のお店やイベントを勝手に応援しています
練馬・桜台情報局MAP frickr フェイスブック ツイッター RSS お問い合わせ

練馬・桜台情報局

4月のおまかせ(ディナー)@ビストロ・サンジャック(江古田)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 洋食・パスタ »  

『巡って楽しい江古田マップ』掲載店。

江古田のビストロ・サンジャックへ。

案内
サンジャック(江古田)

外観
サンジャック(江古田)

2007年11月オープン。浅間通り沿い。江古田斎場近く。

肩肘張らず、気軽にリーズナブルに本格フレンチがいただけるカジュアルビストロ。

店名の”サンジャック”とは、フランス語で”ほたて貝”という意味。

1974年、修行のためフランスに行き、初めて泊まったホテルの名前が”ホテル・サンジャック”でした。以来、”サンジャック”は、店主にとって、料理人としての人生の原点。”初心忘れるべからず”で、店名になりました。

西麻布で30年間フレンチ店を経営。

ひとを使わず、自分ひとりで目配りできる店をやりたいと、8年前、江古田でカウンター8席のみの小さな店”ビストロ・サンジャック”を始めました。

仕入れ、仕込み、調理、接客、皿洗いまで、すべてオーナーシェフ自ら一人で担当。

カウンター席のお客さんからは、どんな食材を使っているか、今、シェフが何をしているか、シェフの手元まですべて丸見え。目の前なので、ついつい見ちゃいます。誤魔化しができません。しかも、調理で手を動かしながら、お客さんとの会話も。これは、実力と自信がなければ、なかなか出来ません。

このブログを通じて、多くの店主と接してわかったことは、、実力と自信がないシェフの店ほど、店員や客に威張りちらしたり、撮影NGだったり、客の服装やマナーを気にしたり、客を選んだり、敷居を高くして自分を大きく見せようとしたりします。何度もイヤな思いをさせられたことがあります。

この店のオーナーシェフは、それとは正反対。子連れ歓迎。シェアして食べてOK。服装も自由、料理の撮影も自由、なんでも自由です。フランクで、初入店なのに、コースを食べ終わる頃には、すっかりシェフのファンになっている。実力と自信がある証拠。

それもそのはず。店主は、宮内庁大膳課に約5年間勤務し、昭和天皇のお食事を作っていた超一流シェフなのです。

『巡って楽しい江古田マップ』
サンジャック(江古田)

江古田の個人商店が集まって作った『巡って楽しい江古田マップ』掲載店。

ランチは、1000円と2000円、ディナーは3500円のおまかせコースがあります。

この日は、4月のおまかせ(ディナー)を注文。

4月のおまかせ
サンジャック(江古田)

月替わりのディナーおませせ、2015年4月は、1.春らしくニース風サラダ、2.カブとフォアグラのコンソメ、3.牛フィレ肉のソテー木の子添、4.キャラメルプディングと珈琲。

ニース風サラダ
サンジャック(江古田)

ニース風サラダ
サンジャック(江古田)

バケット
サンジャック(江古田)

バケットは、パーラー江古田のパンを使用。おかわり可。

カブとフォアグラのコンソメ
サンジャック(江古田)

カブとフォアグラのコンソメ
サンジャック(江古田)

牛フィレ肉のソテー
サンジャック(江古田)

牛フィレ肉のソテー
サンジャック(江古田)

キャラメルプディングと珈琲
サンジャック(江古田)

珈琲は、要町にある自家焙煎「優」のオリジナルブレンド。

キャラメルプディング
サンジャック(江古田)

誤解してる人いませんか?

(フレンチなんてどうせ)敷居が高くて肩肘張って、出てくるのは遅くて、わかりづらいメニュー、量は少なくて値段は高い!?

その真逆を行くのが、ビストロ・サンジャックです。

もっと早く行けばよかった!!(←誤解してた)と、ちょっと後悔。

“大衆食堂”のフランス家庭料理を、是非、江古田で。

場所はこのへん

35.739446,139.672301

ビストロサンジャック

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

Tags: ,
sakuradai_infoをフォローしましょう



« »

コメント

コメントをお寄せください。
いただいたコメントは、管理人が手動で承認後に表示されます。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://s-nerima.jp/wp/76546/trackback