桜台在住の管理人が練馬・桜台・江古田周辺のお店やイベントを勝手に応援しています
練馬・桜台情報局MAP frickr フェイスブック ツイッター RSS お問い合わせ

練馬・桜台情報局

「風しもの村」原画展@ギャラリー古藤(江古田)

TOP  » ブログ » まち歩き日記 » イベント »  

江古田のギャラリー古藤で、「風しもの村」原画展(4/16~4/26)。

案内
ギャラリー古藤(江古田)

外観
ギャラリー古藤(江古田)

2011年7月15日オープン。千川通り沿い。武蔵大学の向かい。

今回の企画は、貝原浩(1947-2005)が遺したチェルノブイリ・スケッチを展示。

1986年4月26日チェルノブイリ原発事故から、今年で30年。

6年後の1992年2月、原発事故の「風しもの村」となり放射能に汚染されたベラルーシの村を初めて訪れ、以降、「絵描きの自分に何ができるか」を自問し、幾度も現地を訪問。

そこに暮らす人々の生活と原発事故のその後を、大型和紙の14枚の連作「風しもの村」として制作。

2010年、貝原浩画文集『風しもの村』として出版されました。今回は、その原画展。

今回は14枚の連作のうち10枚と、13人の高齢女性を描いた「ベラルーシの婆さまたち」、関連スケッチなどを展示。

『風しもの村』


ギャラリー内
ギャラリー古藤(江古田)

展示
ギャラリー古藤(江古田)

展示
ギャラリー古藤(江古田)

展示(ベラルーシの婆さまたち)
ギャラリー古藤(江古田)

ギャラリー内
ギャラリー古藤(江古田)

風しもの村から
ギャラリー古藤(江古田)

貝原浩
ギャラリー古藤(江古田)

展示
ギャラリー古藤(江古田)

展示
ギャラリー古藤(江古田)

展示
ギャラリー古藤(江古田)

書籍
ギャラリー古藤(江古田)

書籍
ギャラリー古藤(江古田)

トークイベント
ギャラリー古藤(江古田)

展示の会期は、チェルノブイリ原発事故から30年となる、4/26まで。

場所はこのへん

練馬区栄町9−16

ギャラリー古藤の詳細情報


Tags: ,
sakuradai_infoをフォローしましょう



« »

コメント

コメントをお寄せください。
いただいたコメントは、管理人が手動で承認後に表示されます。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://s-nerima.jp/wp/91329/trackback