桜台在住の管理人が練馬・桜台・江古田周辺のお店やイベントを勝手に応援中!このサイトは、アフィリエイト広告を掲載しています
練馬・桜台情報局MAP frickr フェイスブック ツイッター RSS お問い合わせ

練馬・桜台情報局

中華・ラーメン

上海蟹餡かけ炒飯@龍の翼(練馬)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

2024年(辰)の辰・龍・ドラゴンめぐり。練馬の龍の翼へ。

看板
DSC01305

外観
DSC01306

2013年8月17日オープン。練馬区役所の裏の方。
 ⇒関連記事:お得なランチSet@龍の翼(練馬)(2013/8/17)

オーソドックスな中華料理から、フリースタイルの創作中華料理までたのしめる本格中華。

DSC01316

ランチメニュー(1/17)
DSC01307

ランチは、メイン、前菜、中国茶、点心、デザートのセット。

前菜
DSC01308

中国茶(黄金桂)
DSC01310

上海蟹餡かけチャーハン
DSC01312

上海蟹餡かけチャーハン
DSC01313

点心
DSC01314

デザート
DSC01315

ランチは、練馬マダムやママ友に人気。

練馬区役所の裏の方の住宅地にある隠れ名店です。

場所はこのへん

東京都練馬区豊玉北6丁目23−13

龍の翼の詳細情報

Tags: ,
【関連記事】
    None Found

醤油牛バラ刀削麺@祥龍刀削麺荘(中村橋)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

2024年(辰)の辰・龍・ドラゴン探し。中村橋の祥龍 刀削麺荘 中村橋店へ。

看板
DSC01190

外観
DSC01185

2011年頃 祥龍房から祥龍 刀削麺荘へ転換。千川通り沿い。

関東中心に25店舗ほど展開する中華チェーン店。

祥龍房、祥龍 刀削麺荘、祥龍餃子坊など。

チェーンですが、同一メニューではなく、店により少しメニューが違ったりする店主の独立性高めな方針?

中国人店主夫婦2人で営業。

メニュー
DSC01194

メニュー
DSC01193

メニュー
DSC01192

メニュー
DSC01201

メニュー
DSC01202

この日は、刀削麺メニューから、醤油牛バラ刀削麺を注文。

醤油牛バラ刀削麺
DSC01196

醤油牛バラ刀削麺
DSC01198

刀削麺
DSC01200

壁画
DSC01292

龍の壁画が、他のお客さんが邪魔で撮れなかったので、別日に再訪。

別日に注文したのは、豚肉とキクラゲの卵炒め定食。

豚肉とキクラゲの卵炒め定食
DSC01291

千川通り沿い、祥龍 刀削麺荘 中村橋店。

刀削麺も定食も、メニュー豊富なので、食べに行ってみて下さい。

場所はこのへん

練馬区中村北3-10-8

祥龍刀削麺荘の詳細情報

Tags: ,

純白豚骨ラーメン@RAMEN BAR すず木(要町)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

要町でメニュー提供開始。RAMEN BAR すず木。中華酒菜たなか併設。

看板
DSC01118

外観
DSC01179

中華酒菜たなかは、2019年6月1日オープン。
 ⇒関連記事:濃厚担々麺@中華酒菜たなか(要町)(2019/6/4)

看板が変わって、中華酒菜たなか、RAMEN BAR すず木が併設。

併設と言っても、同じ空間で、店員さんも、会計も同じ。

中華料理とラーメン、どちらも同時に注文できます。

半年以上前に、看板だけ変わり、確認したら、すず木のメニュー、まだ提供なし。

外にメニューが出ていたので確認すると、2023年11月頃からメニュー提供開始とのこと。

メニュー(中華酒菜たなか)
DSC01116

メニュー(RAMEN BAR すず木)
DSC01115

説明
DSC01117

「シンガポールから逆輸入」で、シンガポールのRAMEN BAR SUZUKIのメニューが、要町食べられるということらしい。

ネット検索すると、確かに、シンガポール・ポートキーや、ベトナム・ホーチミンに、RAMEN BAR SUZUKIがあるみたい。

メニュー(RAMEN BAR すず木)
DSC01175
DSC01177

純白豚骨ラーメン
DSC01172

池袋の餃子といえばたなか
DSC01169

池袋の餃子といえばたなからしいので、ついでに焼き餃子も注文。

焼き餃子
DSC01174

シンガポールのRAMEN BAR すず木の豚骨ラーメン提供開始。

たなかの餃子と、すず木の豚骨ラーメン、食べてみて下さい。

場所はこのへん

豊島区池袋2-23-1

中華酒菜たなか&RAMEN BAR すず木の詳細情報

Tags: ,

唐揚げ定食@龍華園(江古田)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

2024年(辰)の辰・龍・ドラゴン探し。江古田の龍華園へ。

DSC01285

路上
DSC01072

外観
DSC01058

2016年9月10日、東高円寺から江古田へ移転・再オープン(東高円寺は19年間営業)。
 ⇒関連記事:ちゃんぽん@龍華園(江古田)(2016/9/10)

香港出身店主の強烈キャラと、学生街らしいデカ盛り中華店として人気。

店名の由来は、長男・長女・奥さんの名前から1文字ずつ。

とんねるず「きたなシュラン」(2010年12月16日放送)に出演。

※出演は(江古田ではなく!)東高円寺時代です。

夜メニュー
DSC01062

夜メニュー
DSC01063

夜メニュー
DSC01064

壁メニュー
DSC01066

「きたなシュラン」では、ちゃんぽんを紹介。

現在の当店自慢は、蒸し鶏ラーメン。

蒸し鶏ラーメン
DSC01061

Nスタ


Nスタ(TBS)2023年5月9日放送で、ボリューム満点、1番人気メニューと紹介されたのは、13個唐揚げ定食。

唐揚げ定食
DSC01068

唐揚げ
DSC01071

昼と夜で値段が少し違いますが、内容は同じ。夜も定食あります。

学生街のボリューム自慢な中華料理店で、唐揚げ定食を食べて、おなか一杯に。

場所はこのへん

練馬区栄町4-7

龍華園の詳細情報

Tags: ,

牛すじラーメン@松勝(椎名町)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

椎名町に1/9オープン!松勝(まつしょう)。

看板
DSC01142

外観
DSC01146

2024年1月9日オープン。冷麺一杯の跡地。サミット通り。
 ⇒関連記事:韓国冷麺@冷麺一杯(椎名町)(2023/6/16)

ポニー ⇒ TIKTEA ⇒ DOUTEA ⇒ からあげ原人 ⇒ らーめん居酒屋金ちゃん ⇒ 冷麺一杯 ⇒ 松勝

看板のレトロ感が、まるで老舗の町中華のようですが、新店です。

店主さんは中国人。

中華そば、定食、酒処。

メニュー(1/10時点)
DSC01144

オープン時点のメニューは、餃子、牛すじラーメン、牛肉うどん。

今後、定食や居酒屋メニューを増やしていく予定。

牛すじラーメン
DSC01148

牛すじラーメン
DSC01151

6時間煮込んだ牛骨スープで、やさしい味のする牛すじラーメン。

今後、どんな進化をしていくか楽しみな新店です。

場所はこのへん

豊島区長崎2-12-2

松勝の詳細情報

Tags: , ,

半チャーハン・ラーメンセット@国龍(練馬)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

2024年(辰)の辰・龍・ドラゴンめぐり。練馬の国龍へ。

心で配る出前の味 国龍
DSC01257

国龍
DSC00969

1967年オープン。大門通り。

看板には「心で配る出前の味 国龍」。

店名の由来は、店主の姓が国○さんだから。龍については、干支とは関係なく、中国で縁起がいいらしいから。

昭和42年(1967年)、27歳で開業。1代57年目くらい。

まだまだ元気に腕をふるっています。

老舗、日本人店主、年季の入った店内、まさに町中華。

メニュー
DSC00999

半チャーハン・ラーメンセット
DSC00996

ラーメン
DSC00997

半チャーハン
DSC00998

2024年(辰)干支キッカケで入ってみた町中華。

大門通りの町中華・国龍、このブログ見たキッカケで入ってみて下さい。

場所はこのへん

 

国龍の詳細情報

Tags: ,
【関連記事】
    None Found

人類みな辛さはいらない@人類みな辛さが全て 練馬区役所前店(練馬)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

練馬に12/23オープン(12/16〜18オープン記念イベント)!人類みな辛さが全て 練馬区役所前店。

看板
DSC00250

DSC00249

外観
DSC00275

2023年12月23日オープン。ぶらぶらの跡地。

12/16・17・18の3日間、オープン記念イベントで1日100杯無料(条件付き)。

天鳳 ⇒ 春樹 ⇒ noodle lab style T ⇒ 如月 ⇒ バックファット ⇒ 藤しろ ⇒ ぶらぶら ⇒ 人類みな辛さが全て

 ⇒関連記事:濃厚とんこつ醤油@春樹練馬店(練馬)(2015/5/27)
 ⇒関連記事:ラーメン@noodle lab style T(練馬)(2016/7/21)
 ⇒関連記事:如月ガツそば@麺屋如月(練馬)(2018/4/5)
 ⇒関連記事:特製ラーメン@バックファット(練馬)(2019/3/1)
 ⇒関連記事:鶏白湯特製ラーメン@麺屋 藤しろ(練馬)(2019/10/24)
 ⇒関連記事:油そば@油そば専門店ぶらぶら(練馬)(2022/11/19)

「人類みな麺類」「くそオヤジ最後のひとふり」「世界一暇なラーメン屋」など、数々の人気ラーメン店を展開。

「人類みな辛さが全て」は、大阪あべのフープ店に続き、練馬が2店舗目。

「人類みな辛さが全て」レーベルとしては東京初上陸!

今後、全国各地に展開予定。

事前告知
DSC08867

「厳選した唐辛子を使用し、五感を刺激するオリジナルスパイスを開発。旨いと辛いが連続で押し寄せる、令和の旨辛ラーメン。」

オープン記念
DSC00252

2023年12月16日・17日・18日の3日間は、オープン記念イベント。

1日100杯、フォロー&SNS投稿で、無料。

12/16 12時
DSC00247

12/16 行列ができていました。12/16訪問。

営業日のご案内
DSC00273

12/16〜18イベント後、店休日&レセプションを経て、12/23グランドオープン。

麺箱
DSC00274

丸山製麺の麺箱(店舗によっては自家製麺ですが、店が狭いし)。

人類みな辛さが全て
DSC00253

辛さは、レベル1からレベルOVERまで辛さが選べます。

人類みな辛さはいらない
DSC00266

辛いのが苦手な人向けに、辛くないメニューもあり。

メニュー
DSC00251

正式オープン後は券売機制。この日12/16は口頭注文。

辛そう
DSC00272

地域ブログ的な責任として、ネタとして、写真のヴィジュアル的に辛さOVERを注文すべきかも、とは少し迷いましたが、辛いの苦手なので、辛くないのを注文。

辛そうな写真はメニュー写真で勘弁して下さい。

人類みな辛さはいらない
DSC00269

人類みな辛さはいらない
DSC00271

目白通り沿い。練馬区役所の向かい。

人類みな麺類グループ新店 人類みな辛さが全て(辛くないメニューもあるよ)。

是非、辛さレベルOVERにチャレンジしてみて下さい(お前が言うな)。

場所はこのへん

練馬区豊玉北6-13-18

人類みな辛さが全ての詳細情報

Tags: , ,

ブラックラーメン(生卵・ライス)@ラーメンR+(池袋)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

池袋に12/8移転・再オープン。ラーメンR+(アールプラス)。

看板
DSC00066

「本日オープン」は紙の剥がし忘れで、オープン3日目の12/10訪問。

ニトリ
DSC00063

サンシャインシティの「東急ハンズが閉店」「跡地にはニトリがオープン」なのは、ネットニュースでリアルタイムでもちろん知ってたけど、まだ現地で自分の目では確認してなかったので、改めまして、ハンズなくなってニトリになっててビックリ(いまさら)。

外観
DSC00064

今回行ったのは、ニトリ(東急ハンズ跡地)ではなく、その向かいのビル。

フロア案内
DSC00069

12/8オープン
DSC00068

とり焼肉とタッカンマリ専門店さえずり、12/8オープン。

「伝串」の店 新時代、12/8オープン。

新店好きとしては、気になりますが、練馬から遠すぎてスルー。

開店閉店の回転が激しすぎて、池袋に手を出したら情報を追いきれずにカオスになりそう。

ラーメンR+
DSC00070

かつて練馬にあったR+が、池袋に移転。

4階 同日オープンの「さえずり」の店舗一部を昼時間、間借り営業。

外観(夜はさえずり、昼はラーメンR+)
DSC00071

2023年12月8日移転・再オープン。さえずりのカウンターを昼時間帯・間借り営業。

練馬では、ドリルマン練馬としてオープンし、R+にリニューアル。
 ⇒関連記事:特製HOTBASSO@ドリルマン練馬(練馬)(2019/9/11)
 ⇒関連記事:R+BK@R+(練馬)(2021/11/3)

椎名町でピブグルマン4年連続獲得の名店BASSOドリルマン(閉店)。

その2号店が、要町にある中華そば しながわ。

そこの品川店主が(直営ではなく)プロデュースで入ったのがドリルマン練馬。

品川店主が秋田羽後で忙しくなった等の事情で、プロデュースを解除。

ドリルマンのメニューも継続販売していたものの、オリジナルで開発した新メニュー・ブラックラーメンを加え、R+へ店名を変更リニューアル。

練馬のR+を2023年9月17日移転のため閉店。池袋へ移転・間借り営業。

練馬のR+は法人運営(ホームワークス)でしたが、池袋のR+は練馬時代の店長が独立した個人店。

看板
DSC00073

池袋R+は、店舗の一部・カウンター席8席を昼時間帯間借り営業。

店主ワンオペ。

カウンターと厨房が壁で隔たれていて、調理中はスタッフが誰もいないように見えますが、席について待ってると店主さんが出てきます。

注文して前金制(注文時に会計)。

メニュー
DSC00074

中華そば・つけそばは、ドリルマン時代と名前が同じですが、味などあえて少し変えてるみたい。

ABURASSOなどドリルマン再現メニューは提供なし。

しながわがある要町が池袋から近い配慮もあり、今後も提供予定なし。

ドリルマン品川店主はプロデュースのみで経営には関わっておらず「ドリルマン系列店」「ドリルマンが池袋に帰ってきた」などの記載は間違い。プロデュース解除でR+になってからは味などメニューにも関わっていないので、「名店ドリルマンの味が食べられる」みたいに煽るような記載も間違い。

ドリルマンの再現ではなく、現店主オリジナルの味で勝負(まだ似てるけど)。

ABURASSO再現ではなく、店主がメニュー開発した油そばの提供は今後あるかも。

しばらくは間借り営業ですが、いつか物件を見つけて移転予定(未定)。

ブラックラーメン 卵・ライス
DSC00077

ブラックラーメン
DSC00079

池袋サンシャインシティ、ニトリ(東急ハンズ跡地)の向かいのビル4階。

練馬から移転の池袋R+(アールプラス)店主オリジナルのブラックラーメン、食べに行ってみて下さい。

場所はこのへん

豊島区東池袋1-29-1

R+の詳細情報

Tags: , ,

黒豚特製@中華そば 多繋(池袋)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

池袋に12/2オープン!中華そば 多繋-TAKEI-。

DSC09943

DSC09944

西池袋公園近くの東武西池袋サンライト、味の10番街。

12/2オープン
DSC09949

自家製多加水麺
DSC09947

外観
DSC09948

2023年12月2日オープン。

上野で2019年3月29日に閉店した多繋が、西池袋へ移転・復活。

自家製麺と炭火吊るし焼きチャーシューが自慢。

店内に製麺室があり、製麺機による自家製多加水麺。

ニコのタコスの隣。
 ⇒関連記事:カルニタス@ニコのタコス(池袋)(2011/11/13)

メニューリスト
DSC09953

券売機
DSC09950

券売機
DSC09952

黒豚特製・並
DSC09955

黒豚特製・並
DSC09957

西池袋に復活オープン!中華そば多繋(タケイ)。

自家製多加水麺と炭火吊るし焼きチャーシューを味わって見て下さい。

場所はこのへん

豊島区西池袋3-33-17

多繋の詳細情報

Tags: , ,

特製清湯@中華そば とりかご(池袋)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

西池袋に10/28オープン!中華そば とりかご。

提灯
DSC08484

外観
DSC08485

2023年10月28日オープン。大勝軒まるいち西池袋店の跡地。

伝説の東池袋大勝軒の最後の後継者・大勝軒まるいち。

閉店ではなくリニューアル(新ブランド)っぽい。

「国産銘柄鶏ガラを毎日愛情たっぷり炊き上げるらーめん屋さん」

大榮食品の麺箱。

朝ラーメンをやってるのが特徴(平日8時〜・土日祝10時半〜)

壁画
DSC08492

券売機
DSC08486

特製清湯
DSC08488

特製清湯
DSC08491

西池袋 ドリームコーヒー近く。

新ブランド?中華そば とりかご、西池袋に用事の際は、食べてみて下さい。

場所はこのへん

豊島区西池袋5-2-1

とりかごの詳細情報

Tags: , ,