桜台在住の管理人が練馬・桜台・江古田周辺のお店やイベントを勝手に応援しています
練馬・桜台情報局MAP frickr フェイスブック ツイッター RSS お問い合わせ

練馬・桜台情報局

【閉店】蕎麦切り屋@新江古田

TOP » 店舗情報 » グルメ » そば・うどん »  

そばアップ@蕎麦切り屋(東長崎)

【閉店】蕎麦切り屋
住所 中野区江原町2丁目3-3
豊島区南長崎6丁目22-2(移転)
営業時間 11:30~14:30 16:30~20:30
定休日 月曜日
WEB 食べログ
ブログ内 天もりそば(2016/11/26)
夏野菜の天ぷらと手打蕎麦(2011/6/23)
2011年5月1日東長崎でオープン
2016年11月新江古田に移転・再オープン
2019年閉店
Tags: , , ,

天もりそば@蕎麦切り屋(新江古田)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 和食・そば »  

江原町(新江古田)に11月オープン!蕎麦切り屋。

のれん
蕎麦切り屋(新江古田)

外観
蕎麦切り屋(新江古田)

2011年5月1日、東長崎にオープン。
 ⇒関連記事:夏野菜の天ぷらと手打蕎麦@蕎麦切り屋(東長崎)(2011/6/23)

2016年11月、移転・再オープン。佐々ゆうだったテナント。

豊島区南長崎にあった名店・蕎麦切り屋が、中野区江原町の住宅地で復活。

雨漏り等テナント側の事情で閉店していましたが、物件が見つかり移転して営業再開。

うどんはありません。蕎麦に惚れこんだ蕎麦職人が手打ちするのは蕎麦だけ。

利益は二の次。蕎麦好きの客に、いかに納得がいく妥協しない蕎麦を提供できるか。

客との蕎麦談義にも花が咲きます。

国内産蕎麦粉使用。

前店では二八蕎麦でしたが、新店は十割蕎麦専門店に。

メニュー
蕎麦切り屋(新江古田)

この日は、天もりそばを注文。

蕎麦切り屋(新江古田)

天もりそば
蕎麦切り屋(新江古田)

天ぷら
蕎麦切り屋(新江古田)

十割蕎麦
蕎麦切り屋(新江古田)

十割蕎麦
蕎麦切り屋(新江古田)

もはや説明は不要。営業再開に感涙。

外観にも内装にも立地にもこだわらず、こだわるのは蕎麦の味のみ。

手打ちで数が作れないので、宣伝もしていません。

本当に蕎麦が好きな客は、それでも通うはず、という店主の蕎麦への自信と覚悟。

練馬・桜台情報局が太鼓判。自信を持ってオススメできる蕎麦の名店です。

場所はこのへん

中野区江原町2丁目3-3

蕎麦切り屋の詳細情報

Tags: , , ,

夏野菜の天ぷらと手打蕎麦@蕎麦切り屋(東長崎)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 和食・そば »  

東長崎にオープンした「蕎麦切り屋」さんが評判いいらしい!

蕎麦通、蕎麦好き、蕎麦マニアを唸らせる、店主のこだわりが感じられる店!

蕎麦切り屋 外観
外観@蕎麦切り屋(東長崎)

2011年5月1日にオープンしたばかりの新店です。

外観・内装は、どー見てもスナック。

「居抜き」かと思ったら、実は夜9時以降、現在でも別の人がスナックをやっていて、空き時間の11:30~20:00を借りて営業しているそうです。

本物の蕎麦を出せば、外観・内装なんて関係ない。勝負は蕎麦そのもの。

店主の自信の表れ。店舗の外見と本格蕎麦のギャップも楽しめるお店です。

蕎麦好きには酒好きも多いですが、あえて酒は置いていません。

何故なら、蕎麦そのものの味を味わってほしいから。酒は味覚を鈍らせます。

手打ちなので、数は出せません。行列が出来るような繁盛も目指していません。

蕎麦好きな客に、おいしい蕎麦を提供したい。

店主と話していると、利益は二の次、蕎麦職人としての誇りをひしひしと感じます。

といっても、職人のイメージと違って、店主はとっても気さくで話好き。

そこのギャップも楽しめるお店です。

メニュー
メニュー@蕎麦切り屋(東長崎)

うどんもありません。蕎麦屋なので、蕎麦しかありません。

北海道・斜里産の蕎麦粉を使用。この蕎麦粉との出会いが店主の人生を変えました。

元々、和食をやっていたご主人。

この蕎麦粉と出会ってから、秩父で蕎麦修行。

試行錯誤の末、蕎麦屋のオープンにこぎつけました。

新規オープンにしては年配な店主。遅咲きルーキーです。

おすすめ
おすすめ@蕎麦切り屋(東長崎)

お店の外の看板に書かれていた「おすすめ」を注文しました。

この日の「おすすめ」は、夏野菜の天ぷらと手打蕎麦

すると店主から、もりそばを勧められました。

どうやら初来店の「一見」の客には、全員に勧めているようです。

これは蕎麦そのものの味を味わって欲しいから。

途中で天ぷらなど余計なものを食べると、誤魔化されて、マズい蕎麦でもおいしく感じてしまうかもしれない。

だから、店主自身も、初めて入った蕎麦屋では、「もりそば」を注文して、蕎麦そのものの味をしっかり確かめて、再訪するか否かを決めているそうです。

営業的に考えれば、950円の注文をした客に650円を提案するのは損です。利益が減ります。

それだけ蕎麦そのものに自信があり、蕎麦の味をしっかり知った上で、再訪して欲しいという店主の思いが伝わってきます。

ただ、この日は、店主の説明に納得しつつも、最初に注文した「おすすめ」にしてもらいました。

手打蕎麦
もりそば@蕎麦切り屋(東長崎)

こちらのお店、月曜日にはいろいろ試していて、一九の田舎そばや十割そば等も打つそうですが、この日は月曜日ではなかったので、通常の二八そばです。

蕎麦アップ
そばアップ@蕎麦切り屋(東長崎)

蕎麦がイキイキとしてます。蕎麦粉がこのお店で打ってもらって良かった!と喜んでいます。

夏野菜の天ぷら
天ぷら@蕎麦切り屋(東長崎)

こちらのお店、店主自身が蕎麦が大好きで、蕎麦を心から愛しているのが伝わってきます。

東長崎にも名店がたくさんありますね。

蕎麦通、蕎麦好き、蕎麦マニアの皆さん、店主と蕎麦談義に花を咲かせてみてはいかがでしょうか?

場所はこのへん

東京都豊島区南長崎6丁目22−2

食べログ グルメブログランキング
蕎麦切り屋の詳細情報

Tags: ,