桜台在住の管理人が練馬・桜台・江古田周辺のお店やイベントを勝手に応援しています
練馬・桜台情報局MAP frickr フェイスブック ツイッター RSS お問い合わせ

練馬・桜台情報局

おっぱいラーメン@麺道楽かぶとや(江古田)

TOP » ブログ » 食べ歩き日記 » 中華・ラーメン »  

※このお店は閉店しました

2009年4月18日に公開された映画「おっぱいバレー」

日本全国の映画館で感動の嵐が吹き荒れ、

すべての観客が涙を流した(?)、あの名作 (見てないから、内容知らん・・・)

2010年、映画公開から1年が経過した、江古田の1軒のラーメン屋

あの感動が、今、再び甦る・・・かも!?



ぶちうまい!長州らぁめん」の垂れ幕でお馴染み、麺道楽かぶとや

ぎょうざ屋さん跡地に2008年11月11日オープンした比較的新しいお店。

呉本店主の名前を冠した「呉ちゃんらぁめん」と、(来店時居なかった)タケさんの名を冠した「タケちゃんらぁめん」の2大看板メニューの他に、最近、新メニューが加わったようで。

上の写真を、よ~く見てください。普通のラーメン屋さんの入り口です。でも、何か違和感を感じませんか?通りがかりの人誰もが全員、我が目を疑い、思わず二度見してしまうという、何かが書いてあります。



おっぱいらぁめん!?

Twitterで名前が話題となり、その存在を知った時から、ずっと気になってたんですが、検索してもどんなラーメンなのか不明(画像なし)。気になって、気になって、気になって・・・桜台在住なのに、わざわざ江古田まで行ってきちゃいました!

勇気を出して入店。水はセルフ。先客なし。店主と目が合う。

さて、注文するには、あの禁断の言葉を発しなければなりません。

私 「おっぱいラーメンお願いします。」

店主 「はい。おっぱいね。」

・・・無事にオーダーは通りました(当たり前)。

問題は、どんなおっぱいが出てくるかです。

もやしで山盛りを作って、その頂上に紅ショウガを載せる、とか、味玉の黄身を左右対称に2つ並べる、とか、形がおっぱいということなんでしょうか?

・・・妄想が膨らみます・・・ゴメンナサイ

数分後、完成したラーメンを店主が運んできます!

人生初、おっぱいラーメンとの御対面の時が来ました!(ドキドキ

これがおっぱいらぁめん700円だ!!

おっぱいらぁめん700円


あれ?一体どこがおっぱい!?

どう見ても、普通のとんこつラーメンです。私の紅ショウガはどこ!?(謎)

おっぱいの要素がどこにも見当たりません!

ブログネタ的に、謎のままで帰るわけにはいきません・・・

誰でも思うその疑問、勇気を出して、店主に質問しました!

私 「なんでおっぱいという名前を付けたんですか?

店主 「食べたらわかるよ。食べてみてよ。

(促され、最初の1口。・・・普通のとんこつ味)

店主 「ね。クリーミーでしょ!

・・・結論が出ました。

全国のおっぱいファンの皆さんに、哀しいお知らせです。

おっぱいラーメンは、おっぱいとは無関係で、

おっぱいラーメン」という名前の、普通のとんこつラーメンでした。


こうした惨事は、よくある事なので、慣れました。

気を取り直して、同時に注文したサイドメニューを紹介!

その名は、魚ロッケ400円

魚ロッケ400円


コロッケの魚バージョン?と思ったら、大間違い。ポテトは入っておらず、魚のすり身だけを揚げたもの。

魚ロッケ」というネーミングは、ダジャレ好きなおやじ(店主)が勝手に付けたわけではなく、店主の出身地である山口県(長州)では、普通にそう呼んでるらしい。知らんかった・・・

ユニーク&話好きなご主人で、「牛骨の臭みを消す為、干しタラを使ってるから魚介系の香りがするでしょ?」など、いろいろ教えてもらったんですが、ラーメン専門ブログではなく、地域情報のブログ(ラーメン素人)なので、よくわからんかった・・・

最後、会計の時、おっぱいの味がしたでしょ?」と聞かれ、返答に困りました・・・

場所はこのへん

食べログ グルメブログランキング
麺道楽かぶとやの詳細情報


(追記:2011/1/6)

半年が経過し・・・

なんか、いつの間にか、看板メニューになってたんですけど・・・(笑)

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

Tags: ,
sakuradai_infoをフォローしましょう



« »

コメント

コメントをお寄せください。
いただいたコメントは、管理人が手動で承認後に表示されます。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://s-nerima.jp/wp/808/trackback