桜台在住の管理人が練馬・桜台・江古田周辺のお店やイベントを勝手に応援しています
練馬・桜台情報局MAP frickr フェイスブック ツイッター RSS お問い合わせ

練馬・桜台情報局

一棚本屋さん@ぼっとう&よはく(江古田)

TOP  » ブログ » まち歩き日記 » お店紹介 »  

江古田のぼっとう&よはくで、一棚本屋さん、3/20スタート。

チラシ
ぼっとう&よはく(江古田)

2F奥
ぼっとう&よはく(江古田)

外観
ぼっとう&よはく(江古田)

外観
ぼっとう&よはく(江古田)

2019年11月7日プレオープン。階段を上がって2階の奥。
 ⇒関連記事:ぼっとう&よはく(江古田)、プレオープン(2019/11/8)

コワーキングスペース。

店名の由来は「没頭しよう 余白を楽しもう」。

江古田の小さなコワーキングスペースぼっとう&よはくに新展開!

クラウドファンディングにも挑戦して店内を改装。

店内の壁際に本棚を5つ設置。

2021年3月20日 一棚本屋さん、スタートしました。

一棚本屋さん
ぼっとう&よはく(江古田)

一棚本屋さんとは・・・小さな本屋さんの一つ一つが小さなお店。一棚にそれぞれの店長がいる本屋さん。シェアする本屋さんです♪

自分で出版や自主製作した本や、自分でセレクトした本を、一棚に並べて販売。

選書する本は、古本でも新品でも自著でも同人誌でも大丈夫です!

読んで面白かったから、他の人にも読んでほしい!

この分野の情報を色々な人に、もっと知ってもらいたい!

など、自分の好きを共有出来る場、本をきっかけにコミュニケーションの出来る場を目指した企画。

さらに、ただのレンタルボックスだけではない。

一棚本屋の店長さんは、1日店長として持ち回りで店番に立つこともできます。

その日は1日、レンタルスペース的に、他の物販など自由にしてOK。

一棚では狭くて置けない本だけでなく、セレクトした商品なども机に並べて販売可能。物販だけなく、実演やワークショップなど、何でも出来ます(規約内で)。

この日は、占い本の一棚店長さんが、占いコーナーをやってたりしました。

店に来たお客さんと交流しながら、1日店長として自分の店を1日だけ営業。

本屋さんや店舗を自分で開業するのは大変そうだけど、一棚だけなら、1日だけなら。チャレンジショップ的に、やりたいのキッカケとなり、つながりが生まれる企画です。

一棚本屋さん&1日店長さん募集中!

店内
ぼっとう(江古田)

店内
ぼっとう&よはく(江古田)

本棚
ぼっとう&よはく(江古田)

営業予定
ぼっとう(江古田)

今のところ、曜日により、一棚本屋/コワーキングスペース。

営業日は、店のサイトカレンダーやSNSで要確認。

江古田に、同時期に、3店の本屋さんが開業!!

音大通りオイルライフ奥には、本屋とかの店 百年の二度寝が、3/15オープン
 ⇒関連記事:百年の二度寝、オープン(2021/3/15)

税務署通りには、古本屋snowdropが、3/28オープン。

江古田の本散策の休憩所としても、お気軽に入ってみて下さい。

場所はこのへん

練馬区旭丘1-65-8

ぼっとう&よはくの詳細情報


Tags: ,
sakuradai_infoをフォローしましょう



« »

コメント

コメントをお寄せください。
いただいたコメントは、管理人が手動で承認後に表示されます。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://s-nerima.jp/wp/153224/trackback