桜台在住の管理人が練馬・桜台・江古田周辺のお店やイベントを勝手に応援しています
練馬・桜台情報局MAP frickr フェイスブック ツイッター RSS お問い合わせ

練馬・桜台情報局

江古田ユニバースAIR成果展@やきほギャラリー(江古田)

TOP » ブログ » まち歩き日記 » イベント »  

江古田やきほギャラリーで、江古田ユニバースAIR成果展(10/29~11/6)。

9/1~10/28まで約2ヶ月間にわたり行われた3名のアーティストによる公開制作・江古田ユニバース・アーティスト・イン・レジデンス(AIR)の成果を展示。

案内
やきほギャラリー(江古田)

展示会場
やきほギャラリー(江古田)

外観
やきほギャラリー(江古田)

2013年10月13日オープン。税務署通り沿い。

やきほギャラリーでは、昨年も江古田ユニバースAIRを開催。今回で2回目。

これまでのアーティスト・イン・レジデンス活動
江古田ユニバース

2013年・2014年エコユニコミューン(事前展示)という形で始まったAIRは、2015年やきほギャラリーの協力で約2ヶ月間にも渡る公開制作という形に進化。

「江古田をアートのまちにしたい!」を合言葉に2011年始まった江古田ユニバースは、展示・鑑賞型の従来からのアート活動に加え、次第に、体験・参加型のプログラムを重視。

アートのまちにする為に、アーティストを育てるまちに。いつでもアートとふれあえるまちに。

9/1から約2ヶ月間、ギャラリーを貸切り、3組3名のアーティストが出張アトリエとして通い、公開制作。

孤独になりがちな創作活動も、全くジャンルの異なる3組のアーティストが集まることでインスピレーションを与え合い、地域の方たちとも交流することで、充実した公開制作となりました。

9/1撮影
やきほギャラリー(江古田)

9/5撮影
やきほギャラリー(江古田)

9/9撮影
やきほギャラリー(江古田)

9/15撮影
やきほギャラリー(江古田)

10/8撮影
やきほギャラリー(江古田)

9/1~10/28公開制作の成果を、10/29~11/6江古田ユニバース2016で展示。

江古田ユニバース2016
江古田ユニバース

江古田ユニバース2016
江古田ユニバース

江古田ユニバース2016では、13会場で約1週間、アート展示、映像上映、演劇、ダンスなど開催。

10/29撮影
やきほギャラリー(江古田)

やきほギャラリーでは、渡邉義郎(メタル箔)、百瀬晴海(木版画)、土居大記(空間アート)の3組3名が参加。

参加アーティスト
やきほギャラリー(江古田)

渡邉義郎さんは、メタル箔を使った作品を中心に制作。

公立中学校美術教諭として30年以上勤務し退職。

現在は個展など精力的に活動。

やきほギャラリーでも、昨年個展を開催。
 ⇒関連記事:渡邉義郎展3「解放」@やきほギャラリー(江古田)(2015/12/7)

現在のモチーフは「解放」で、テーマは主に縄文や宇宙、原始。

作品によく登場する鳥は、生命や愛、平和の象徴。

メタル箔制作プロセス
やきほギャラリー(江古田)

展示
やきほギャラリー(江古田)

展示
やきほギャラリー(江古田)

展示
やきほギャラリー(江古田)

展示
やきほギャラリー(江古田)

著書
やきほギャラリー(江古田)

会場では、著書『義じぃは考えた』も販売。

参加アーティスト
やきほギャラリー(江古田)

日芸出身の木版画家・百瀬晴海さんは「都市と自然」をテーマに主に動植物をモチーフとした木版画(多色多版)を制作。

江古田ユニバースには5回目の参加。

近年では作品の幅が広がり、動植物に加え、機械的なものも取り入れ、機関車や風景をモチーフとした作品も制作。月刊誌「鉄道ジャーナル」で連載。

今回の公開制作では、江古田の風景にスポットをあてた作品などを制作。

展示
やきほギャラリー(江古田)

展示
やきほギャラリー(江古田)

展示
やきほギャラリー(江古田)

展示
やきほギャラリー(江古田)

物販
やきほギャラリー(江古田)

参加アーティスト
やきほギャラリー(江古田)

土居大記さんは、人間の内側の揺れを美しいと感じ、モノや空間をつくったり、パフォーマンスを行うことで、だれかひとりが内側に揺れを感じることができればいい、と考え創作活動をしているアーティスト。

インスタレーションやパフォーマンスが中心で、空間に縛られない空間アートを模索していて、今回のような限られた空間での制作は珍しいとの事。

横浜から江古田まで約2ヶ月、自転車で通いました。

展示
やきほギャラリー(江古田)

会場では主に、パフォーマンスの準備や実験。

体験型インスタレーション・絵の具の雨では、絵の具の雨を降らせる装置を改良。
 ⇒関連記事:絵の具の雨@江古田駅自転車駐車場(江古田)(2016/10/29)

螺旋する雫
江古田ユニバース

今回の企画では、石川理咲子さんとコラボしてパフォーマンス作品「螺旋する雫」を制作。

3度に渡り、江古田の森などで、土と火と水を使った屋外パフォーマンスを実施。

その総集編として、11/5・11/6江古田駅自転車駐車場で、パフォーマンス作品が行われます。

土居大記が空間を、石川理咲子が身体を使い、ダンスを作る。感覚の底に沈んだ「素直」に気付くパフォーマンスをする。

コンセプトブック
やきほギャラリー(江古田)

コンセプトブック
やきほギャラリー(江古田)

「螺旋する雫」コンセプトブックを展示販売。

アーティストの創作場所を探しています!
江古田ユニバース

江古田ユニバースでは、アーティストの創作場所を探しています!

空き家など活用されていない物件、一定期間なら使っても構わない空間、ワークショップで使ってもよい教室など、「こんな場所あるよ!」と情報提供ください。

江古田をアーティストが住むまちへ」「アーティストがものづくり出来るまちへ」

江古田ユニバースAIR成果展の会期は、~11/6まで。

場所はこのへん

東京都練馬区栄町24−8

江古田やきほギャラリーの詳細情報

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

Tags: , ,
sakuradai_infoをフォローしましょう



« »

コメント


期間中何度も足を運んで頂き有難うございました。
取材は制作の励みにもなりました。
また、一人での情報収集や構成、配信の行動力に感服いたします。
今後も楽しみにしております。
お礼のコメントが遅くなってしまいました。

2016/11/21 13:22 | 渡邉義郎

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://s-nerima.jp/wp/98678/trackback